IETA_LOGO国際電気分解技術振興協会 I.E.T.Aとは

International Electrolysis Technology of Development Association

I.E.T.Aは、日本発の高度で高品質な電気分解技術の国際的普及をめざし、2015年7月17日設立された協会です。当協会は部門ごとに経験豊かな技術力を持った専門家集団と学術的アドバイザリーボードを持ち、応用技術開発と教育訓練、人材育成を行い多くの分野で事業化と開拓を目指しています。電気分解技術の振興により世界の人々の生活の向上と、地球環境の保全をはかります。

名称

一般社団法人 国際電気分解技術振興協会(略称=国電協)

International Electrolysis Technology of Development Association(略称=I.E.T.A)

事務所

本   部 青森県八戸市江陽二丁目18番8号 オフィスRビル3階
東京事務所 東京都港区麻布台2-3-3 Daiwa麻布台ビル3階

事業

本部   教育・人材育成、セミナー・ライセンス、輸出入支援、調査・研究、検定、

普及指導、広報等
事務局  海外窓口、輸出入支援、調査・研究、普及指導、広報・書籍 、各種証明

役員

理事長 類家 伸一  
副理事長 若山 利文  
理 事 四角 恒世  
理 事 河原木 督悦  
理 事 竹ノ内 敏一  工学博士
顧 問 藤田 成隆  
監事 安藤 達也  

協会運営

1.専門部会について…応用技術のテーマごとに部会を設置する
  i. 食の安全部会 農業・水産・畜産・・・電解水・ミネラル
  ii. 環境部会
空気・水・土壌の改善・・・電解水
  iii. サニテーション部会
殺菌・洗浄・消臭・・・電解水
  iv. 健康部会 水素・ミネラルイオン水・サプリメント
  v. 工業部会 工業洗浄・産業殺菌・排水処理(研磨・メッキ・防錆・エッチング)
2.各分科会のフォローアップメンテナンス教育
  i. 現地指導 部会ごとに専門家を派遣しフォローアップ及びメンテナンス等を行う
      海外現地指導、国内現地指導、年1回装置システムの現地定期指導実施
  ii. 教育指導 部会ごとに本部にて教育実習を行う
      独自の教育プログラムにより基礎知識の教育、並びに電解装置組立・メンテナンス・電解水の生成等の実技指導による人材教育を行いライセンス取得指導を目指す。
      各国語の指導マニュアルの作成

参加予定

海外 中国・モンゴル・カンボジア・その他
国内 株式会社サンテ・テクニカ・株式会社サンテック・アールテック株式会社・NPO法人CROSS・八戸電解技術活用研究会・その他

アドバイザリーボード
学術研究機関、専門家等の顧問・相談役・アドバイザーを置く