IETA_LOGO電解技術の刷新: innovation of Electrolytic Technology

新技術 ゼロギャップ電解方式 フルオートマティック pH13.0瞬間吐出

技術の刷新

  1. セミオートマティック技術を、フルオートマティックに刷新
    今までのように常時人員がついていなくても自動生成
    大幅に人件費を削減
  2. 電解システムを循環方式からゼロギャップ方式に刷新
    スイッチを入れた瞬間からpH13.0を排出今までのように生成
    タンク内を循環させpHをあげる作業が不要大幅にコスト削減
  3. メンテナンス性の刷新
    隔膜交換の時間を2倍以上に刷新、保守コストも大幅に減少
  4. センサーにより電解質交換、追加の時期を知らせる機能追加
    安定的に電子機能水を生成。